産経ニュース

猫ひろし、東京マラソンで自己ベスト届かず「カンボジア1位となって東京五輪に」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


猫ひろし、東京マラソンで自己ベスト届かず「カンボジア1位となって東京五輪に」

ゴール前で力走する猫ひろし=東京都千代田区(撮影・今野顕) ゴール前で力走する猫ひろし=東京都千代田区(撮影・今野顕)

 東京マラソン(25日、東京都庁前-東京駅前=サンケイスポーツほか後援)抽選倍率約12.1倍の狭き門を突破した3万6248人(10キロ部門、車いすを含む)の市民ランナーが東京都心を駆け抜けた。芸能界からも多数参加した。(サンケイスポーツ)

 2016年のリオデジャネイロ五輪男子マラソンにカンボジア代表で出場した猫ひろし(40)は2時間29分30秒でゴール。自己ベストは2時間27分48秒で、この日の走りを「コンディションは良かった」と振り返った。今後は「来年の東南アジア大会でカンボジア1位となって、東京五輪に出たい」と気合十分。モデルの西谷綾子(31)は「ゴールするのがもったいないほどの大声援だった」と感謝した。

このニュースの写真

  • 猫ひろし、東京マラソンで自己ベスト届かず「カンボジア1位となって東京五輪に」

「エンタメ」のランキング