PR

エンタメ エンタメ

【鑑賞眼】宝塚歌劇団花組「ポーの一族」 素晴らしい明日海りおの演技

Messenger

 男役スターの柚香は、権力者の跡取り息子で孤独なアランを存在感たっぷりに演じた。容姿も華やかで、明日海との2ショットが麗しい。娘役トップの仙名彩世(せんな・あやせ)は、愛を貫いて一族に加わる魅惑の女性、シーラの芯の強さを表現した。

 多くのメンバーに見せ場がある構成も印象的。充実期のトップが率いる、組の層の厚さを感じさせた。5日まで、兵庫・宝塚大劇場。16日~3月25日、日比谷の東京宝塚劇場。(橋本奈実)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ