産経ニュース

【聴きたい!】ポピュラー新盤 「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」 よみがえるライブの感動

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【聴きたい!】
ポピュラー新盤 「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」 よみがえるライブの感動

「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」(キングレコード 通常盤2916円) 「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」(キングレコード 通常盤2916円)

 大ヒットした映画「シン・ゴジラ」と、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)」との夢の合作を実現させたアルバム。両作品の音楽を担当した作曲家の鷺巣詩郎(さぎす・しろう)が総監督を務めた昨年3月の東京公演の音源20曲を収録した。あのライブの感動がよみがえる。

 指揮者、天野正道が率いる東京フィルハーモニー交響楽団と新国立劇場合唱団の絶妙な“ハーモニー”が楽しめる。興味深いのは特別ゲストの高橋洋子が熱唱したエヴァの主題歌「残酷な天使のテーゼ」。「シン・ゴジラ」との対決姿勢を鮮明に打ち出すかのような怪しげな曲調で始まり、ラストは打楽器を巧みに使った迫力満点の構成。そんな編曲の妙にうならされた。

 演奏や歌唱が終わっても鳴りやまない拍手と「ブラボー」の声からは、観客の興奮が伝わってくる。ライブ音源の良さを改めて実感した。(竹中文)(キングレコード 通常盤2916円)

「エンタメ」のランキング