産経ニュース

「アンパンマン」出演は来年1月19日放送が最後 ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん急死

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「アンパンマン」出演は来年1月19日放送が最後 ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん急死

鶴ひろみさんの急死に声優仲間やファンも悲しみに暮れた 鶴ひろみさんの急死に声優仲間やファンも悲しみに暮れた

 人気アニメ「それいけ! アンパンマン」のドキンちゃんなどで知られる声優、鶴ひろみさんが16日午後7時半ごろ、大動脈剥離(はくり)で急死したことが17日、分かった。57歳だった。鶴さんは東京都中央区の首都高速上に止まっていた車内の運転席から意識不明の状態で発見。目立った外傷はなく、運転中に体調が急変したとみられる。突然の訃報にドキンちゃんの相棒でばいきんまんの声優、中尾隆聖(66)ら仕事仲間もショックを隠せなかった。(サンケイスポーツ)

 アンパンマンの敵役ながら、どこか憎めないドキンちゃんをキュートな声で担当してから今年で30年。国民的アニメを支え続けた鶴さんが、節目の年に急死した。

 警視庁高速隊によると16日午後7時50分ごろ、首都高の管理会社から連絡を受けた同隊員が、中央区日本橋1丁目の首都高速都心環状線内回りで中央分離帯寄りの車線に停車する赤色のベンツを発見した。車のハザードは点灯し、意識不明の鶴さんは運転席でシートベルトを着用。搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場は片側2車線。車両は大破しておらず、右前部のバンパーがへこんでいた。近くにブレーキ痕はなく、低速で分離帯に接触したとみられる。

 死因である大動脈剥離は大動脈の壁が内膜と外膜に分離する疾患。突発的に発症することが多く、救急処置が必要とされる。高速隊によると、鶴さんに目立った外傷はなく、運転中に体調が急変した可能性が高い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「アンパンマン」出演は来年1月19日放送が最後 ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん急死

「エンタメ」のランキング