産経ニュース

劇団民芸の照明家、秤屋和久氏が死去 

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


劇団民芸の照明家、秤屋和久氏が死去 

 秤屋和久氏(はかりや・かずひさ=劇団民芸の照明家)10月27日、ぼうこうがんのため死去、87歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、苑子(そのこ)さん。

 昭和37年、劇団民芸に入団し、長年にわたって照明プランナーとして活躍。平成5年、上海人民芸術劇院との初の日中合同公演に参加するなど、日中演劇の架け橋としても貢献した。代表作に「アンネの日記」「炎の人」「セールスマンの死」など。26年、日本照明家協会賞特別賞を受賞。

「エンタメ」のランキング