産経ニュース

金子ノブアキに聞く 宮崎勤事件のドキュメンタリードラマ主演

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


金子ノブアキに聞く 宮崎勤事件のドキュメンタリードラマ主演

昭和の刑事役に挑む金子ノブアキ(C)フジテレビ 昭和の刑事役に挑む金子ノブアキ(C)フジテレビ

 連ドラは「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「セシルのもくろみ」と続き、「テロリスト、カメラマン役、そして刑事ですからね」と笑う。

 ドラマーで2012年に亡くなったジョニー吉長さんを父に、歌手の金子マリを母に持つ。子役でスタートし、ロックバンド「RIZE」のメンバーとしても活動する。ミュージシャンと俳優の2つの顔はどうバランスを取っているのだろうか。

 「自転車操業というか…(笑)。でも、いい感じで影響を受け合ってアイデアも浮かびやすい。音楽をやったあとにリフレッシュして戻ってくるみたいな? 音楽1本で10年くらいやっていた時期もあったけど、頭打ちみたいなところもあったし、俳優業はそういう渇きみたいなものをカバーしてくれる」

 「子役上がりなので現場が好きというのも大きい。懐かしさもある。現場でみんなと一緒にいると、人からいいものをもらえる感じ。後押しされて力が宿る。そういう日々の積み重ねです」

 艶のあるセクシーな俳優として人気者だが、今回は硬派の内容。そして、報道局がスクープとして独占入手した宮崎の「肉声」を初公開する。

 「(遺体を)そばに置きたい…そばに置いている間は自分のものになるから。相手にされないから…女性に」

続きを読む

このニュースの写真

  • 金子ノブアキに聞く 宮崎勤事件のドキュメンタリードラマ主演

関連ニュース

「エンタメ」のランキング