産経ニュース

杉山清貴、待望のオリジナル「Driving Music」 新たな出会いが生んだ一枚

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


杉山清貴、待望のオリジナル「Driving Music」 新たな出会いが生んだ一枚

「オメガトライブ時代に鍛えられたことが役立っている」と話す杉山清貴 「オメガトライブ時代に鍛えられたことが役立っている」と話す杉山清貴

 シンガー・ソングライターの杉山清貴(58)が、久々のオリジナルアルバム「Driving Music」を発売した。タイトル通り、ドライブにぴったりの曲がズラリと並ぶ。多数の作家の楽曲提供を受けながらも、杉山の世界観が揺るぐことのない一枚に仕上がっている。(兼松康)

                   

 近年は毎年のようにアルバムを出している杉山だが、デビューからの周年作品などベスト盤に近い形でのリリースが続いていた。今作は、ファンにとって待望のオリジナル曲がラインアップされている。

 昨年のソロデビュー30周年記念アルバム「OCEAN」は、「自分を開放してつくったら、100%気持ちのいいものができた」と振り返る。それを踏まえ、「この先は、『杉山清貴はこうなんだ』というものを意識しなくてもいい。いろんな歌を歌えたら楽しい」と考え方を変えて取り組んだ。

 プロデュースを依頼した音楽プロデューサーの長野道徳に「車の中で音楽を聴いてきた僕らの世代が聴きたいと思うような曲をつくりたい」と伝え、長野がミュージシャンや作家陣を選び、それぞれの曲が完成した。杉山自身は「歌うのを楽しむことに集中させてもらった」と、本来のシンガーとしての立場を貫いた。

続きを読む

「エンタメ」のランキング