産経ニュース

中谷美紀 性同一性障害の主人公を熱演 WOWOW連続ドラマW「片想い」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


中谷美紀 性同一性障害の主人公を熱演 WOWOW連続ドラマW「片想い」

「男らしさを追求した」と語る女優の中谷美紀 「男らしさを追求した」と語る女優の中谷美紀

 女優の中谷美紀(41)が10月21日から始まるWOWOWの連続ドラマW「片想い」(土曜午後10時)で、性同一性障害の主人公、日浦美月を演じる。「性の多様性」が注目される今、難役に挑む中谷は「性同一性障害への理解が深まればうれしい」と話す。

 原作は東野圭吾の人気ミステリー。大学時代にアメリカンフットボール部の女子マネジャーをしていた美月は卒業後、男性として生活し、クラブでバーテンダーをしている。アメフト部の同窓会をきっかけに元部員たちと再会し、「人を殺した」と告白。衝撃の事実が明かされていく。

 ミステリードラマだが、30代半ばを過ぎた美月や元部員が、さまざまなことにつまずき、「自分らしく生きたい」と願う青春群像劇でもある今作。美月役のオファーを受けた際には、「絶対に無理」と思ったという。「美月は男性ホルモンを投与しているという設定。私がそこまで体を近づけることができるのか…」。悩んだ末、ボディービル専門のトレーナーのもと、徹底的なトレーニングを積み、毎日、プロテインを摂取。腕は1・5センチ以上も太くなった。

続きを読む

「エンタメ」のランキング