産経ニュース

遅延ANA機で「神対応」 熱唱の松山千春さん「よく機長が許してくれたって思うな」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


遅延ANA機で「神対応」 熱唱の松山千春さん「よく機長が許してくれたって思うな」

機内放送用の受話器型マイクを使い、生歌を披露した松山千春=北海道・新千歳空港(乗客提供) 機内放送用の受話器型マイクを使い、生歌を披露した松山千春=北海道・新千歳空港(乗客提供)

 歌手、松山千春(61)が、出発が遅れた全日空機の機内で、乗客の気持ちを和らげるため、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌う“神対応”を見せていたことが21日、分かった。20日夜放送のFM NACK5「松山千春のON THE RADIO」(日曜後9・0)で明かした。(サンケイスポーツ)

 松山は、北海道・新千歳空港を20日午前11時55分に出発予定だった大阪・伊丹空港行きの全日空機に搭乗したが、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑を理由に出発が1時間以上も遅延。機内の雰囲気がだんだん悪くなったため、客室乗務員や機長と交渉して、「大空-」を歌ったという。

 松山は「♪果てしない~って機内で歌ったんだよ。歌い出して40年以上たつけれど、キャビンアテンダントのマイクで歌ったのは初めて。客もビックリしてたけれど、みんなの気持ちを考えたら何とかしなきゃって」と照れくさそうに解説。機内のムードは一変して拍手と歓声が沸き起こったといい、最後は「よく機長が許してくれたって思うな。嘘のような話でした」と締めくくった。

「エンタメ」のランキング