産経ニュース

蓮佛美沙子「これまでで一番難しい仕事」 「ヴィクトリア」吹き替え挑戦

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


蓮佛美沙子「これまでで一番難しい仕事」 「ヴィクトリア」吹き替え挑戦

主人公のヴィクトリアに合わせ、声を吹き込む蓮佛美沙子 主人公のヴィクトリアに合わせ、声を吹き込む蓮佛美沙子

 女優の蓮佛美沙子(26)が、NHK総合で放送中の海外ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」(毎週日曜午後11時)で、ジェナ・コールマン演じる主人公、ヴィクトリアの日本語吹き替えを担当している。吹き替え初挑戦となった今作について「声だけで感情をすべて表現しないといけない。これまでで一番難しい仕事だった」と打ち明ける。

 大英帝国が栄華を極めた19世紀に君臨したヴィクトリア女王。18歳で即位した後、ドイツのアルバート王子と恋に落ちて結婚するまでを描く。閉鎖的な環境で育ったヴィクトリアが、さまざまな試練を経て、女王としてたくましさを身につけていく姿が印象的だ。「周囲に流されず、自分の意見をしっかりと持った女性。ヴィクトリアみたいに強くなれたらと憧れる」

 慣れない吹き替えには四苦八苦した。共演する声優にアドバイスを求め、せりふを言う際の呼吸方法や、間の取り方を学んだ。収録1週間前からは自室に籠もり、リモコンを握りしめて録画を何度も確認。ヴィクトリアの表情や息継ぎを記憶しながら、ひたすら声を合わせて練習したという。

 「今回、自分の声に向き合ったことで、声には表現の手段として広い可能性があることに気付いた」と表情を輝かせる。

 第1話では、吹き替え初挑戦の緊張で震える声が、図らずも大英帝国を背負って立つ女王になった世間知らずの少女に重なった。今後どのような成長をみせるのか楽しみだ。(三宅令)

「エンタメ」のランキング