産経ニュース

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」 「こだわりの世界観を楽しんで」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」 「こだわりの世界観を楽しんで」

すべての呪いを解く伝説の「ポセイドンの槍」をめぐり、さまざまな思惑が交錯する すべての呪いを解く伝説の「ポセイドンの槍」をめぐり、さまざまな思惑が交錯する

 人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作「最後の海賊」が7月1日、全国公開される。ヒロインのカリーナを演じたカヤ・スコデラリオ(25)は、「このシリーズらしいコメディーとアクション、冒険がいっぱいの作品になった」と自信を見せる。

 ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)に、宿敵の“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)が迫る。彼から逃れるには伝説の「ポセイドンの槍(やり)」を見つけなくてはならない。一方、呪いで海に閉じ込められた父、ウィル(オーランド・ブルーム)を救おうと、息子のヘンリー(ブレントン・スウェイツ)もポセイドンの槍を手に入れるべく、ジャックに助力をこうが…。

 「10代の頃からこのシリーズのファンだったので、決まったときは興奮しました」とスコデラリオ。生き別れた父が残した「ガリレオの日記」を元にポセイドンの槍の謎に挑む天文学者、カリーナを演じた。

 「とても気に入りました。彼女は向上心があって優秀だけど、とても頑固。ドレスがヨレヨレでも気にしない性格も好きですね」

続きを読む

このニュースの写真

  • 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」 「こだわりの世界観を楽しんで」

「エンタメ」のランキング