産経ニュース

【ZOOM】くすぶる「まとめサイト」問題 無断転載で賠償請求 運営側も配慮を

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ZOOM】
くすぶる「まとめサイト」問題 無断転載で賠償請求 運営側も配慮を

有賀正博さんが無断転載の証拠として、LINE(ライン)に送ったページのコピー(有賀さん提供) 有賀正博さんが無断転載の証拠として、LINE(ライン)に送ったページのコピー(有賀さん提供)

 同サイトで記事を作成していたライターの女性は「著作権にうるさい法人や個人の画像は具体名を挙げて使用禁止と言われていたが、それ以外について特に説明はなかった。ライターが責任を負わなければならないのなら、もっと著作権について勉強すべきだった」と振り返る。

◆場所提供で幇助も?

 DeNAは問題発覚後、「ウェルク」を非公開としたほか、恋愛や子育てなどがテーマの9サイトも非公開に。リクルートホールディングスも運営する4サイトを非公開にし、アニメ情報サイト「アニプラ」はサービスを終了。サイバーエージェントと、KDDIグループのスーパーシップも各情報サイトで法令違反などが懸念される記事を非公開にしている。しかし、こうした対策に乗り出しても、有賀さんのようなケースはなくならない。

 著作権に詳しい早稲田大の上野達弘教授(知的財産法)は「著作権侵害について、運営会社が責任を負う可能性もありえる」と指摘する。過去には、動画投稿サイトの映像が著作権侵害だとして、運営会社に公開差し止めと損害賠償の支払いを命じた判例もあり、「著作権の侵害行為を引き起こす場所を提供することで、幇助(ほうじょ)があったとみなされる場合もある。運営会社も著作権への配慮が必要だ」と話した。

このニュースの写真

  • くすぶる「まとめサイト」問題 無断転載で賠償請求 運営側も配慮を

「エンタメ」のランキング