産経ニュース

双子デュオ・山田姉妹、「華・麗」な昭和のハーモニー

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


双子デュオ・山田姉妹、「華・麗」な昭和のハーモニー

二卵性双生児の姉、山田華(25)(右)と妹、山田麗(兼松康撮影) 二卵性双生児の姉、山田華(25)(右)と妹、山田麗(兼松康撮影)

 二卵性双生児の姉、山田華(25)と妹、山田麗によるデュオ、山田姉妹がアルバム「あなた~よみがえる青春のメロディー」でデビューした。夢にたどり着き、さらに大きな目標を目指す。

 「レコーディングが進んでも半信半疑でした。ようやく実感が湧いてきましたね」とデビューを振り返る華。麗も「デビューアルバムは、開けた封も取ってあるほどの宝物」と笑う。

 小さな頃から歌うことが自然だった。それぞれ別の高校、音大に進んだが、「デビューするなら2人で一緒に」という思いはぶれたことがなかった。平成生まれながら、昭和の曲への愛着が深く、アルバムは昭和の名曲を集めた。

 家族旅行でのドライブ中、「父が録音した昭和の曲のカセットを聴いて2人ともすぐに覚えた」という。

 アルバムに収録されている「翼をください」は、「ただ空を飛びたいという曲だと思っていましたが、苦しいことがあったから生まれた曲。年を重ねて感じ方が変わると実感した」と華。麗は「2人の解釈を統一するために、かなり話し合いました」と明かす。

 ギリギリまで解釈を統一しきれなかったのが、友人の死をテーマにした「ひこうき雲」。ただ、レコーディングに入ると、亡くなった共通の友人のことが自然と思い浮かび、ともに涙をこらえながら歌った。

 「おばあちゃんになっても、2人のサウンドで歌い続けたい。将来的にはオリジナル曲も」と意欲を示す。「聴いてくださる方がいるからこそ歌える」という喜びを原動力に、さらにハーモニーを響かせていく。(兼松康)

「エンタメ」のランキング