産経ニュース

【花形出番です】世界へ「しのぴー」の野望 津軽三味線・川嶋志乃舞さん(22)(4)

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【花形出番です】
世界へ「しのぴー」の野望 津軽三味線・川嶋志乃舞さん(22)(4)

津軽三味線・川嶋志乃舞 津軽三味線・川嶋志乃舞

 2020(平成32)年の東京五輪の開会式出演を狙っています!

 小学生の頃からイタリアやオーストラリアなど、海外公演の機会に恵まれました。日本を出ると、なおさら日本の良さに気付きます。伝統芸能や着物だけでなく、トイレを含めた衛生面、内から出る細かなこだわりも日本の素晴らしさ。私はそんな日本の文化や心を大切にしたい。ですから世界共通語となった「カワイイ」ニッポンのカルチャーを、私なりの味付けでインスタグラムやツイッターで積極的に発信しています。

 海外公演では日本発の文化「クールジャパン」を意識し、しっかり伝統的邦楽をお聴かせする一方、国内ではキラキラシャミセニストとしてポップも披露し、邦楽の間口を広げる。民謡のノリや囃子詞(はやしことば)を聞くと、踊らずにはいられないDNAが、日本人にはあると信じています。最終的に世界の人に、伝統邦楽と私の音楽を愛してほしい。その両方ができるのが私の強み。昨年は歌手、小林幸子さんのバックバンドで大スターのライブを経験し、今年3月にはゲーム音楽のオーケストラに三味線を入れる仕事も予定しており、活動の幅は広がっています。

続きを読む

「エンタメ」のランキング