産経ニュース

宮崎駿監督“再始動”! 新作の長編を製作中、鈴木敏夫氏「心を鬼にして『面白い』といいました」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


宮崎駿監督“再始動”! 新作の長編を製作中、鈴木敏夫氏「心を鬼にして『面白い』といいました」

2013年に引退会見を行った宮崎駿監督。アニメ界の巨匠の最新作を世界が注目している 2013年に引退会見を行った宮崎駿監督。アニメ界の巨匠の最新作を世界が注目している

 2013年9月に長編アニメーションの製作から引退することを宣言した宮崎駿監督(76)が、新作長編の準備に入ったことが24日、分かった。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が米ロサンゼルスでのイベントで明かした。鈴木氏は宮崎監督から昨年7月に企画書と同年末に絵コンテを見せられたことを告白し、「(宮崎監督は)今も一生懸命、東京で作っています」と“再始動”を報告した。(サンケイスポーツ)

 アニメ界の巨匠、宮崎駿監督が事実上の引退撤回だ。

 この日、鈴木プロデューサーは米ロサンゼルスで開かれたアカデミー賞長編アニメ賞関連のトークショーに出席。候補作である日仏合作のジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」について語る中、司会から「宮崎監督の次回作は?」と問われた鈴木氏はためらいながらも、「忘れもしません。去年の7月1日、彼が長編の企画書を持ってきました。『20分のストーリーボード(絵コンテ)を描くから、おもしろいか判断してくれ』と」と告白。絵コンテを同年末に読み、「ものすごく悩んだ。内容はすごく面白かったけれど、面白いといえば、僕の老後は(忙しくなって)なくなる」と笑いを誘った。

続きを読む

「エンタメ」のランキング