産経ニュース

【東京新聞「深く反省」】長谷川幸洋氏が再び反論 東京新聞は「事なかれ主義」 論説幹部とのやりとり“暴露”

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【東京新聞「深く反省」】
長谷川幸洋氏が再び反論 東京新聞は「事なかれ主義」 論説幹部とのやりとり“暴露”

東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事 東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、司会を務めた東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が10日、講談社のインターネットサイト「現代ビジネス」に「私はかねてから東京新聞と異なる主張をしてきた」などとする記事を掲載し、改めて反論した。2日付の同紙朝刊に謝罪記事が掲載される前後の論説幹部と「処分」をめぐるやりとりも“暴露”し、同紙の態度を批判した。

 記事は、「東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと 『事なかれ主義』を強く憂慮する」の見出しで10日付でサイト上に掲載された。

 記事では、東京新聞の謝罪記事について「『不始末を犯した長谷川を処分する』と世間に公表したようなものだ」と非難した。

 さらに謝罪記事の中で、記事を執筆した深田実論説主幹がニュース女子について「事実に基づかない論評」と指摘した点に触れ、「反対運動の参加者に一部であれ、金銭を支出していた点は反対派も認めている」と反論。また、謝罪記事中の「沖縄の人々の心情、立場を深く傷つけた」というくだりについて、「深田主幹の主観だ」と断じた。

 さらに記事では、謝罪記事掲載前後の経緯が“暴露”されている。

続きを読む

「エンタメ」のランキング