産経ニュース

黒岩悠、「スコットホール」で演奏 歴史的建造物保存へチャリティー

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


黒岩悠、「スコットホール」で演奏 歴史的建造物保存へチャリティー

「素晴らしい建物の中で演奏する責任を感じる」という黒岩悠 「素晴らしい建物の中で演奏する責任を感じる」という黒岩悠

 世界を舞台に演奏活動を繰り広げるピアニストの黒岩悠(はるか)が2月18日、東京都選定の歴史的建造物「早稲田奉仕園 スコットホール」で、「歴史的建造物の保存を支援するチャリティコンサート」を開く。黒岩は「真摯(しんし)に建物と音楽に向き合いたい」と話す。

 黒岩は東京音楽大学付属高校を経て、イタリアのイモラ国際ピアノアカデミーを卒業。その後、ドイツに移住し、2012、16年にスイス・ルガーノ音楽祭の「マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト」に出演するなど世界各地で活躍している。

 チャリティー公演は東京都などの共催で、世界的指揮者の浮ケ谷孝夫がプロデュース。黒岩は「クラシック音楽は多くの人たちが残したいと思うから受け継がれる。そんな音楽と歴史的建造物は似ていると感じ、チャリティー公演への参加を決めた」。当日はベートーベンの「テンペスト」やショパンの「幻想即興曲」などを演奏。来場者の参加費は経費を除いて都選定の歴史的建造物の改修工事費などに充てる「東京歴史まちづくりファンド」に寄付するという。

 今年発売する予定のCDのタイトルも「LEGACY」(遺産)。「作曲家のメッセージを“通訳”して伝えるために全身全霊をささげたい」と語った。

 参加費1500円。往復はがきでの事前申し込みが必要。13日必着。定員150人を超えた場合は抽選。問い合わせは東京都都市整備局緑地景観課(電)03・5388・3359。(竹中文)

「エンタメ」のランキング