産経ニュース

V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話

映画「海賊とよばれた男」舞台挨拶に登場した綾瀬はるか 映画「海賊とよばれた男」舞台挨拶に登場した綾瀬はるか

 V6の岡田准一(35)が14日、東京国際フォーラムで行われた主演映画「海賊とよばれた男」(山崎貴監督、12月10日公開)の完成披露イベントに出席した。出光興産創業者をモデルにした主人公の20~90代までを演じきった岡田を、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」主演が決まった部下役の俳優、鈴木亮平(33)らは絶賛。テレ笑いを吹き飛ばすように劇中の決めセリフ「油持ってきたけ!!」で締めると、観客から歓声が上がった。(サンケイスポーツ)

 大ヒット映画「永遠の0」の原作者、監督、主演俳優が再び結集した話題作が、小雨の中を和やかに“船出”した。

 屋外でのレッドカーペット。愛妻役の女優、綾瀬はるか(31)や部下役の小林薫(65)、吉岡秀隆(46)、鈴木らと歩いた岡田が、いきなりムチャ振りで場内を沸かせた。

 「プレミアをみなさんで祝っていただきたいです」と集まった500人の観客にあいさつすると、「ここで綾瀬さんからひと言」。

 期待を裏切らず、綾瀬も「帰るまでが“遠足”ということで、よろしくお願いします」とオトボケあいさつで会場をほっこりさせた。

 主要キャストで女優は綾瀬だけとあって、「綾瀬さんが(撮影現場に)来てるときの喜びようったらありゃしない。なぜか(小林)薫さんがいつも横を陣取っていた」と岡田。そんな和気あいあいとした現場で撮られた映画は、出光興産創業者がモデルの主人公が、戦後、石油事業を成功させる姿を描く。青年期から96歳で亡くなるまでを演じた岡田に、共演陣から絶賛の声が相次いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話
  • V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話
  • V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話
  • V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話

「エンタメ」のランキング