産経ニュース

【君の名は。動画付き】新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【君の名は。動画付き】
新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」

「君の名は。」のワンシーン。夢の中で出会った男女の数奇な運命が描かれる 「君の名は。」のワンシーン。夢の中で出会った男女の数奇な運命が描かれる

 《今回も、最初の段階で、絵コンテを動画にしたビデオコンテ(Vコンテ)を独力で製作。それを基に全体の製作が行われた》

 Vコンテでは、登場人物全員のせりふを僕が吹き込み、足音などの効果音も自分で入れて製作します。1日15時間、半年間ひたすら作っていました。体力的にはつらかったけれど、すごくいいものができている、という高揚感があった。もしかしたら2000年以降で一番面白いんじゃないか、みたいな(笑)。意図的に“脳内麻薬”が出せる状態に持っていかないと、きついんですよ。これはすごい、これはすごいと興奮状態でしたね。

 絵作りに入ってからは、集団作業。今回は(「思い出のマーニー」などを手がけた作画監督の)安藤雅司さんらベテランが参加してくれたので、だんだん僕が口を出せない領域が増えた(笑)。だから、僕の演出家としてのプライドは、全部Vコンテに込めたつもりでした。

 けれど、出来上がった動画を見ると、僕の想定を超えているんですよね。

 一番感心したのは、クライマックスで三葉と瀧が走りながらお互いを探す場面。ただ走っているだけで、これほどの情動が表現できるなんて驚きでした。中身が三葉という女性である瀧、中身が瀧である三葉の2人が走る動きも、僕には具体的には見えていなかった気がします。

 《骨太のエンターテインメント大作として「君の名は。」を成功させた新海監督は今後、どんな方向へ向かうのか》

 今回はRADWIMPSや安藤さんらが参加してくれて、奇跡のような座組が実現できた。もう二度と同じことはできない気がします。

 自分としては、この先、もう1本か2本はサービスに徹した作品を作りたい。映画の世界で、自分の居場所や役割、もっというと日本社会の中で、自分の公共的役割を見付けていかないといけない年齢になった気がするんです。(聞き手・岡本耕治)

続きを読む

このニュースの写真

  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」
  • 新海誠監督が大ヒットアニメの舞台裏を語った…「1分たりとも退屈させない作品を」

「エンタメ」のランキング