産経ニュース

藤ヶ谷と美月に投影・・・青春を送っている人も、送った人も胸キュン

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


藤ヶ谷と美月に投影・・・青春を送っている人も、送った人も胸キュン

バスケと恋。等身大の青春ドラマに挑んだ山本美月(フジテレビ提供) バスケと恋。等身大の青春ドラマに挑んだ山本美月(フジテレビ提供)

 藤ヶ谷太輔(29、Kis-My-Ft2)主演、山本美月(25)ヒロインの初共演でおくる3夜連続スペシャルドラマ「バスケも恋も、していたい」(19~21日、後11・0)。フジテレビの村瀬健プロデューサーは説明する。

 「高校生のとき、バスケットボールをきっかけにして出会った一組の男女がその後、7年の月日をかけて紡いでいく“長い長い恋物語”。その中の“3つの瞬間”だけを“3本のドラマ”として描く、今までにない新しい形のラブストーリーです」

こう語り、「それぞれの回だけを見ても十分に楽しむことができ、3本通して見たらもっともっと楽しめる、オムニバスとも週1の連ドラとも違う作品」と付け加える。第1夜のあらすじはこんな感じだ。

 《高3の土屋朝光(藤ヶ谷太輔)は、体育館でシュート練習をしていた。しかし、土屋の放ったシュートはリングにはじかれ、何本打っても入らない。土屋はバスケットボール部のキャプテンを務め、バスケ愛は誰にも負けないが、選手として試合に出たことはなく、いつもベンチをあたためる存在。そんな彼の努力をいつも見守っていたのが羽鳥紗枝(山本美月)だった。やがて高校最後の県予選の登録メンバーが監督から発表された。最後の15人目に呼ばれたのは土屋だった。土屋よりも上手な下級生がいるのに・・・彼はある行動に出る》

続きを読む

「エンタメ」のランキング