産経ニュース

【週間視聴率トップ30】8/22~28 「24時間テレビ」瞬間最高35.5%

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【週間視聴率トップ30】
8/22~28 「24時間テレビ」瞬間最高35.5%

 台風9号のニュースと「24時間テレビ」がトップ30の半数以上を占めた。

 NHKは「リオ五輪閉会式」を22日、「とと姉ちゃん」に続いて放送予定だったが、台風9号が首都圏を直撃したため、「ニュース」に切り替えた。台風情報や交通情報などのテロップ付きの「とと姉ちゃん」は24・9%。「閉会式」(~11時)はEテレでの放送となり7・5%。その間の総合の「ニュース」は12~13%台だったが、「閉会式」終了後の11時台には16・4%、正午のニュース(45分間)は24・1%に跳ね上がり、続く昼の「とと姉ちゃん」再放送も15・4%で異例のランクイン。夕方の「ニュースシブ5時」17・2%、「首都圏ネットワーク」21・0%、「NHKニュース7」は閉会式の“安倍マリオ”パフォーマンスも報じて18・5%と、軒並み上位に入った。

 39回目の「24時間テレビ」はグランドフィナーレの「PART10」が25・8%、20時48分には瞬間最高35・5%を記録し、今年も朝ドラを抜いて首位。だが、全平均は15・4%と、歴代18位タイにとどまった。

 NHK「第48回思い出のメロディー」は五輪終了を待って27日に放送されたが、裏が「24時間テレビ」。その「24時間テレビ」の顔だった萩本欽一と「とと姉ちゃん」主演の高畑充希が司会を務めたものの、前半12・3%、後半13・0%で前年を下回った。「真田丸」も13・2%で自己ワースト。(山根聡)

続きを読む

「エンタメ」のランキング