産経ニュース

優勝は孫8人の“おじいちゃん雀士”! 第4回全国麻雀選手権

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


優勝は孫8人の“おじいちゃん雀士”! 第4回全国麻雀選手権

優勝して、笑顔を見せる大西秀明さん 優勝して、笑顔を見せる大西秀明さん

 4回戦は、小泉さん41.0ポイント、大西さん9.8ポイント、渋谷さん-15.0ポイント、倉橋さん-35.8ポイントの順。トータルは、大西さん121.8ポイント、倉橋さん34.2ポイント、小泉さん-62.5ポイント、渋谷さん-93.5ポイントという結果となった。

 計4回の対局をトップ→トップ→2位→2位と見事優勝を飾った大西さんは、67歳で子供が3人。さらに孫が8人いて上は中学2年生から下は1歳半という“おじいちゃん雀士”。「まさか優勝できるとは思わなかった。最初、2連勝して有利だとは思ったが、2回ビリを取ったらアカンと思っていた。ついていましたね。こういう賞を取ったのは初めてなので、これで孫にも自慢できます」と会心の笑顔。賞金500万円の使い道については、「とりあえず、子供の家3軒に、麻雀牌とマットをプレゼントしようと思う」と話した。

 この日は、対局が予定より早く終わったためエキシビションマッチも行われ、優勝した大西さん、シグナルトーク代表取締役で「Maru-Jan」開発責任者の栢孝文さん、女流麻雀アイドルユニット「More」から塚田美紀プロと川又静香プロが参加。塚田プロが1位、大西さんが2位、栢さんが3位、川又プロが4位という結果だった。

 「Maru-Jan」はリアルさを徹底的に追求した有料のオンライン麻雀ゲームで、登録会員数は90万人。栢さんは「本当にすごい試合だった。筋書きを書いたようなドラマで、こういうのを見ちゃうとまたやりたくなる。来年もまたやりたい」と第5回の開催を明言。「われわれもいろんな工夫をしていくので、ぜひ、Maru-Janに登録してください」とアピールしていた。(本間普喜)

このニュースの写真

  • 優勝は孫8人の“おじいちゃん雀士”! 第4回全国麻雀選手権
  • 優勝は孫8人の“おじいちゃん雀士”! 第4回全国麻雀選手権

「エンタメ」のランキング