産経ニュース

丘みどり、内に秘めた情念「霧の川」 デビュー11年で初ヒット

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


丘みどり、内に秘めた情念「霧の川」 デビュー11年で初ヒット

デビューから11年を経て、「霧の川」が初のヒットとなった演歌歌手の丘みどり=7月8日、東京都千代田区(兼松康撮影) デビューから11年を経て、「霧の川」が初のヒットとなった演歌歌手の丘みどり=7月8日、東京都千代田区(兼松康撮影)

 演歌歌手、丘みどり(32)の新曲「霧の川」が、オリコンの「週間演歌・歌謡ランキング」で1位(7月11日付)を獲得するなど好調だ。デビューから11年で、初のヒット。「こういう歌が歌いたかった」という思いをそのまま曲にぶつけ、多くのファンを魅了している。

 幼少時からさまざまな音楽を聴いて育ったが、「自分に一番しっくりきたのは演歌だった」という。

 「幼稚園の頃、祖母に連れていってもらった鳥羽一郎さんのコンサートで、すごく格好良いと思った」というから、演歌への愛は筋金入り。高校卒業後にアイドル事務所を経て、大阪ローカルのカラオケ番組でスカウトされ、演歌歌手としてデビューした。

 だが、それでも10年間は芽が出ず、「悔しさやもどかしさしかなかった」。30歳を過ぎ、「次の人生もあるんじゃないか」と考えていたところ、レコード会社を移籍した最初の曲がヒットした形だ。

 曲は激しい女の情念を歌ったもの。「でも、その情念を声を張って前に出すのではなく、内に秘めた形で抑えて歌いました。難しかったですが、そこをきちんと歌えれば、良い歌になると教わりました」

 聴く側の反応は顕著だ。「今までと同じ会場に行っても、お客さんが倍になり、女性のお客さんも増えました」と喜ぶ。

 今後は「まだしたことのないソロでのコンサートが目標。いずれは大きなホールで歌いたいし、もちろん、この曲で紅白にも行きたいです」と、明確な目標を描く。そこに全力で向かう毎日が当分、続きそうだ。(兼松康)

「エンタメ」のランキング