産経ニュース

NHK総合で「百合子さんの絵本」 薬師丸ひろ子&香川照之が夫婦役

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


NHK総合で「百合子さんの絵本」 薬師丸ひろ子&香川照之が夫婦役

陸軍武官、小野寺信(香川照之、左)と妻の百合子(薬師丸ひろ子)の絆を描いた「百合子さんの絵本」 陸軍武官、小野寺信(香川照之、左)と妻の百合子(薬師丸ひろ子)の絆を描いた「百合子さんの絵本」

 戦時中、スウェーデンで諜報活動に当たった小野寺信(まこと)と、戦後に「ムーミン」の翻訳を手掛けた妻の百合子の夫婦愛を描くNHK総合の終戦スペシャルドラマ「百合子さんの絵本-陸軍武官・小野寺夫婦の戦争-」が30日午後9時から放送される。夫婦役を演じた薬師丸ひろ子(52)と香川照之(50)は「非常に思い出深い作品になった」と口をそろえる。

 原案は、岡部伸・産経新聞ロンドン支局長の山本七平賞受賞作「消えたヤルタ密約緊急電-情報士官・小野寺信の孤独な戦い-」。百合子(薬師丸)は戦時中、スウェーデンで信(香川)が入手した極秘情報を暗号化し、日本の参謀本部に送る仕事に協力していた。信はヤルタ会談で交わされた連合国の密約を知り、本国に打電するが、情報は生かされず、日本は敗戦を迎える。

 百合子の35歳から75歳までを演じた薬師丸は「とてもプレッシャーで、撮影に入るまで悩み続けました」と明かす。文献や資料に当たりつつ、暗号文の書き方も一部、覚えたという。撮影を終え、「生き延びた、という気持ちです。百合子さんの遺志が少しでも伝われば」と力を込めた。

 一方の香川は「実在の人物を演じる際は、本人の顔にどれだけ肉薄できるかが重要」と話し、「ピタッと合う眼鏡を見つけたときは『いける』と思った」と手応えをにじませる。「私自身、戦争を知らない世代だが、戦争を語らなければいけない年齢に突入していることを認識させられた」と感慨深げに話した。

「エンタメ」のランキング