産経ニュース

画質鮮明!!よみがえった「キンゴジ」 紛失フィルム発見、全編4K化

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


画質鮮明!!よみがえった「キンゴジ」 紛失フィルム発見、全編4K化

TM&(C)1962 TOHO CO.,LTD. TM&(C)1962 TOHO CO.,LTD.

 特撮映画の名作とされる「キングコング対ゴジラ」(キンゴジ)。その4Kデジタルリマスター版が14日午後9時、日本映画専門チャンネル(2Kダウンコンバートで放送)と、スカパー!4K総合の両局で放送される。オープニングなど一部分だけではなく、映画全編の4K化は珍しい。画質や音質が大幅に向上したことに加え、失われていたフィルムをつなぎ合わせたことでオリジナルの「キンゴジ」がよみがえった。

 同作は昭和37年公開。米国の怪獣キングコングと、日本のゴジラが戦うという「怪獣同士の戦い」が人気を呼び、シリーズ最大のヒット作に。今も特撮ファンの間で評価が高い。近年、劇場公開以来、失われていたフィルムの一部分(約23分)が見つかり、今回の4K化につながった。

 修復の工程は主に、(1)人の目でフィルムの状態や傷を確認する「フィルムメンテナンス」(2)フィルムを1コマずつ撮影し、4Kに映像データ化する「スキャニング」(3)色の調整などを行う「グレーディング」(4)パソコン画面を見ながら傷や汚れを“手作業”で修復する「レストア」-の4段階。約10人の担当者が約3カ月かけて仕上げた。

続きを読む

「エンタメ」のランキング