産経ニュース

第3回「ドラマ甲子園」 初の男子高3生が大賞受賞

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


第3回「ドラマ甲子園」 初の男子高3生が大賞受賞

フジテレビの清水賢治執行役員総合開発局長と写真撮影に臨む佐藤孝樹さん(右) フジテレビの清水賢治執行役員総合開発局長と写真撮影に臨む佐藤孝樹さん(右)

 高校生を対象にした脚本を募集する第3回「ドラマ甲子園」の大賞授賞式が8日、東京・台場のフジテレビで行われた。

 今年の大賞は、東京都在住の高校3年生、佐藤孝樹(たかき)さん(17)の「変身」に決定。初の男性受賞者となった。

 同局の清水賢治執行役員総合開発局長から賞状を渡された佐藤さんは「過去の女性受賞者に比べしゃべるのが得意ではありませんが、贅沢な賞に応募し大賞をいただくことができ非常にうれしく思います。ありがとうございます」と挨拶。趣味はテレビを見ることで、過去のドラマでは「リーガルハイ」「プロポーズ大作戦」が大好きだという。

 受賞作は、奥手の男子高校生の成長を描くコメディータッチの作品。佐藤さんは「中高6年間を男子高で育ち、実体験がそもそもないので自分の理想の女性像を書いたが、女性のせりふは難しかったです」と笑う。本人の演出でプロのスタッフがサポートし、プロの俳優たちの出演でテレビドラマとして制作されるが、「受験生で不安もありますが、制作過程などの熱が伝われば・・・楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

 好きな女優は「堀北真希さん」とか。「出ていただけないでしょうねえ」と冗談まじりに話すと、和やかな雰囲気に包まれた。大学に行ったあとはテレビ局への就職が希望で「ディレクターになりたい」と夢も語っていた。

 佳作は、末岡滉弘さん(16、神奈川県在住)の「セイヤク」と田中一光さん(18、熊本県在住)の「初恋の詩」。

「エンタメ」のランキング