産経ニュース

ビートルズ来日50年 日本独自…幻のベスト盤 今も残る1枚のLPレコード

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ビートルズ来日50年 日本独自…幻のベスト盤 今も残る1枚のLPレコード

「このレコードが出ていたらビートルズも喜んだはず」と懐かしむ高嶋弘之さん =東京・銀座 「このレコードが出ていたらビートルズも喜んだはず」と懐かしむ高嶋弘之さん =東京・銀座

 ザ・ビートルズの来日から29日で50年。当時、日本でのレコード会社、東芝音楽工業の担当ディレクターだった高嶋弘之さん(82)のもとに“幻のレコード”が残されている。来日の前年に発売を予定していたベストアルバムだ。(喜多由浩)

                   ◇

 ビートルズは昭和41(1966)年6月29日未明、羽田空港に到着。翌30日から7月2日にかけ、東京・九段の日本武道館で計5回の公演を行った。

 ビートルズ人気が日本でも急上昇中だったその前年、高嶋さんは「ザ・ベストオブ・ザ・ビートルズ」と名付けたLPレコードの発売を企画する。「抱きしめたい」「プリーズ・プリーズ・ミー」など全16曲のヒットナンバーを集めた「日本独自のベスト盤」だ。

 ところが、発売前に本国(イギリス)のレコード会社、EMIから待ったがかかる。はっきりした理由も示されず、とにかく「だめ」の一点張り。高嶋さんは納得できなかった。「まだ人気がなかった初期の頃、僕は日本独自のLPを5枚も作っている。そのときはOKだったのに、人気が出たらダメだというのはおかしいでしょ」

続きを読む

「エンタメ」のランキング