産経ニュース

さや姉&ゆいはん、関西出身Wセンターで甲子園“春夏制覇”

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


さや姉&ゆいはん、関西出身Wセンターで甲子園“春夏制覇”

野球のユニホーム風衣装で白球を手に応援ソングをアピールしたAKB48の左から指原莉乃、横山由依、山本彩、渡辺麻友 =東京・有明 野球のユニホーム風衣装で白球を手に応援ソングをアピールしたAKB48の左から指原莉乃、横山由依、山本彩、渡辺麻友 =東京・有明

 人気グループ、AKB48が「熱闘甲子園」などテレビ朝日系で中継される夏の高校野球の応援ソングを歌うことが22日、発表された。高校球児をイメージした新曲「光と影の日々」で、ともに高校野球好きで関西出身の総監督・横山由依(23)とNMB48・山本彩(22)がWセンターを担当。センバツではAKBの楽曲が入場行進曲に過去2回使用されており、楽曲で“春夏制覇”を達成した。(サンケイスポーツ)

 AKB48の音楽が、高校球児の夏を彩る。

 ♪振り向くな 光は前にある 自分のこと信じろよ…。応援ソング「光と影の日々」はAKB総合プロデューサー、秋元康氏(58)が、夢を追いかけて汗をかく高校球児の姿をイメージして作詞した。

 会見はWセンターを務める横山、山本ら選抜メンバーと「熱闘甲子園」のキャスターを務める元ヤクルト監督で野球解説者、古田敦也氏(50)が出席。初センターに立つ横山は「大好きなさや姉と、大好きな高校野球の曲でセンターができるなんて光栄」と大感激した。

 中学時代から甲子園に通う山本は、思い出の試合としてヤンキース・田中将大投手(27)と日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が決勝再試合までもつれ込んで激闘した伝説の駒大苫小牧高-早実高戦(2006年)を回想。「応援ソングを歌えるのは誇らしい。私たちも人に勇気を与える高校球児のようになりたい」と感無量の表情だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • さや姉&ゆいはん、関西出身Wセンターで甲子園“春夏制覇”
  • さや姉&ゆいはん、関西出身Wセンターで甲子園“春夏制覇”

「エンタメ」のランキング