産経ニュース

欧米の名門歌劇場で活躍する若手ソプラノ、中村恵理が国内リサイタル

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


欧米の名門歌劇場で活躍する若手ソプラノ、中村恵理が国内リサイタル

ドイツ・ミュンヘンに本拠を置いて活躍する若手ソプラノ、中村恵理 ドイツ・ミュンヘンに本拠を置いて活躍する若手ソプラノ、中村恵理

 ドイツ・ミュンヘンの名門、バイエルン国立歌劇場の専属歌手を務め、欧米の一流オペラハウスで活躍する若手ソプラノ、中村恵理が28日から初めての国内ツアーを開催する。シューベルトや中田喜直の歌曲、プッチーニにマスネのオペラ・アリアなど、日本で本格的に初披露する作品を集め、詩的な世界を運ぶ。

 中村は大阪音楽大学大学院を修了し、新国立劇場オペラ研修所で学んだ。オランダ留学を経てロンドンのロイヤル・オペラで研修中の平成21年、世界的ソプラノ、アンナ・ネトレプコの代役を急きょ歌って大成功を収めた。22年からバイエルン国立歌劇場のソリストとして数多くのオペラで主要な役を務めるとともに、ベルリン・ドイツ・オペラ、ワシントン・ナショナルオペラをはじめ欧米の一流歌劇場に招かれ、高い評価を受ける。

 「さまざまな制作段階でオペラの準備がいつも同時進行的に進められています。それだからこそ一つ一つの舞台を大切にしたい。生の舞台では本当にいろいろなことが起こります。その瞬間をどう捉え、どのように反応し、いかに表現するかが瞬時に求められます。オペラでつづられていく物語の中を生きていたいと考えています」

このニュースの写真

  • 欧米の名門歌劇場で活躍する若手ソプラノ、中村恵理が国内リサイタル
  • 欧米の名門歌劇場で活躍する若手ソプラノ、中村恵理が国内リサイタル

「エンタメ」のランキング