産経ニュース

【歌丸「笑点」降板一問一答(上)】「体力の限界なんです」「日本テレビさんからは50周年までは生きて、と」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【歌丸「笑点」降板一問一答(上)】
「体力の限界なんです」「日本テレビさんからは50周年までは生きて、と」

「笑点」の司会からの降板を発表した、落語家の桂歌丸さん(手前)=30日午後、東京都文京区(松本健吾撮影) 「笑点」の司会からの降板を発表した、落語家の桂歌丸さん(手前)=30日午後、東京都文京区(松本健吾撮影)

 日本テレビ系人気演芸番組「笑点」の司会を務める桂歌丸さん(79)が30日、同番組からの降板を明らかにした。最後の出演は、5月22日放送の大喜利で、生放送を予定しているという。歌丸さんと、取材陣の主なやりとりは以下の通り。

 --「笑点」は今から50年前、昭和41年にスタートした。今年の5月15日で50周年を迎える

 歌丸「月並みな言い方ですが、あっと言う間に50年が過ぎました。1回目から出させてもらい、いろいろなことがありました。『一番の思い出は』とよく聞かれますが、私にとって、『笑点』の全てが思い出だと思っています。とにかく50年、番組自体よくもった、と感心しております。これからも、どうぞよろしくお願いします」

このニュースの写真

  • 「体力の限界なんです」「日本テレビさんからは50周年までは生きて、と」
  • 「体力の限界なんです」「日本テレビさんからは50周年までは生きて、と」

「エンタメ」のランキング