産経ニュース

中国京劇界の巨匠、梅葆玖氏が死去 代表作は「覇王別姫」、日本の歌舞伎界とも交流

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


中国京劇界の巨匠、梅葆玖氏が死去 代表作は「覇王別姫」、日本の歌舞伎界とも交流

2005年11月、パリで公演する梅葆玖氏(新華社=共同) 2005年11月、パリで公演する梅葆玖氏(新華社=共同)

 中国国営中央テレビなどによると、中国京劇界の巨匠、梅葆玖(ばい・ほうきゅう)氏が25日に死去した。82歳。父親は国外に京劇を初めて紹介したことで知られ、日中の文化交流にも貢献した京劇俳優の大物、梅蘭芳氏(故人)。日本の歌舞伎界や政界にも知己が多い。

 1934年3月、上海生まれ。10代から俳優として舞台に立ち、京劇の伝承と発展に尽力。代表作に「覇王別姫」など。

 たびたび日本で公演を行い、12年3月には桜美林大から名誉文学博士の称号が贈られた。14年にも梅蘭芳生誕120年の記念公演を日本各地で行った。(共同)

このニュースの写真

  • 中国京劇界の巨匠、梅葆玖氏が死去 代表作は「覇王別姫」、日本の歌舞伎界とも交流

「エンタメ」のランキング