産経ニュース

【TVクリップ】連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【TVクリップ】
連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?

テレビ朝日系ドラマ「警視庁捜査一課長」に出演する、俳優の内藤剛志=3月31日、東京都港区(寺河内美奈撮影) テレビ朝日系ドラマ「警視庁捜査一課長」に出演する、俳優の内藤剛志=3月31日、東京都港区(寺河内美奈撮影)

■「警視庁・捜査一課長」テレビ朝日、木曜午後8時

 誰が呼んだか「連ドラの鉄人」の異名を取る俳優が、テレビ朝日の木曜ミステリー枠で、満を持して主演を務める。副題は「ヒラから成り上がった最強の刑事!」。もっとも、本人に気負いはなく、なじみの仲間との共演を楽しんでいるようだ。

 「これまで(2時間ドラマ枠の)『土曜ワイド劇場』で5本を撮ってきた作品で、どこかで連ドラになったら楽しいだろうな、と思っていました。多くの共演者とは長い付き合いですし、楽しい現場です」

 演じるのは、約400人を束ねる警視庁捜査1課長、大岩純一。たたき上げで人間くさいこの「上司」に、平井(斉藤由貴)や小山田(金田明夫)といった部下からの信頼は厚い。捜査員たちが協力して事件解決に当たる王道サスペンスだ。

 「大岩は、事件を部下に『捜査させる』というより、『一緒に捜査しよう』という立場を取る。だからこそ慕われるのだと思うし、視聴者にも『こんな上司がいたらいいな』と思ってもらえるように演じたい」

 刑事など捜査当局の役柄を演じることが多く、本人いわく「キャリアの87%くらいは刑事役」。同じテレ朝「科捜研の女」では、京都府警刑事の土門薫を熱演。そのためか、京都での撮影中、偶然呼び止められた本物の警察官に「あっ、土門さん!」と驚かれたこともあるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?
  • 連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?
  • 連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?
  • 連ドラの鉄人と呼ばれ、「キャリアの87%は刑事役」って誰だ?

「エンタメ」のランキング