産経ニュース

ミュージカル「グランドホテル」 中川晃教と成河、ダブル主演 異なる結末、生きるとは…

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ミュージカル「グランドホテル」 中川晃教と成河、ダブル主演 異なる結末、生きるとは…

「別のチームの演技を客観的に見られるのはいい」「歌は自信持った方がいいよ」と励まし合う成河(右)と中川晃教 (宮川浩和撮影) 「別のチームの演技を客観的に見られるのはいい」「歌は自信持った方がいいよ」と励まし合う成河(右)と中川晃教 (宮川浩和撮影)

 演出はトム・サザーランド、共演に伊礼彼方、草刈民代、安寿ミラほか。ヴィッキー・バウムの原作で、30年代にハリウッドで映画化、その後、ブロードウェーなどでも上演された。サザーランドは英国で先にこの作品を演出。同様にミュージカル「タイタニック」新演出版を英国で上演した後、日本でも手掛けた群像劇の名手でもある。

 成河は、原作や過去の作品の映像を徹底研究した。「タイトルは華やかな印象でも、革新的でとがった作品。テーマは人生だけれど、主人公は人ではなく、時代や建物。こうした陰の部分に焦点を当てたミュージカルを作る海外の演劇界の奥深さはすごい」と話す。

 これまでの作品でオットーは初老の男として描かれていた。今回はぐっと若いことと2人の個性も生かし、結末が異なる点が特徴だ。サザーランドは生命力を際立たせることで、「より生きることの本質を演じられる」(中川)ようにしたという。「最初は一抹の不安があった。でも、未来のある若者が死んでいく方が切ない」(成河)

「エンタメ」のランキング