産経ニュース

【「視聴者の会」会見詳報(下)】「紋切り型の政権批判は退屈。ぐうの根も出ない批判をすればいい」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【「視聴者の会」会見詳報(下)】
「紋切り型の政権批判は退屈。ぐうの根も出ない批判をすればいい」

会見する「放送法遵守を求める視聴者の会」の小川榮太郎事務局長(中央)ら=1日、東京都千代田区 会見する「放送法遵守を求める視聴者の会」の小川榮太郎事務局長(中央)ら=1日、東京都千代田区

田原総一朗氏「私は公開討論に出るよ」

 弁護士でタレントのケント・ギルバート氏

 「私は、放送法自体がこのままの放送法でいいのかどうかを議論する時代に来ていると思います。アメリカではしばらく前に、似たようなものがあったが、これは今は、事実上実施していない。その理由は、ニュースソースがあまりにも多すぎて、一つが偏っていても、国民の知る権利は守られているから。では、日本はその段階に来ているのかどうか。私はまだ来ていないと思うが、これについて私は彼らの意見を聞きたい。でも、言おうとしない。議論が大事なのに」

 文芸評論家の小川榮太郎・同会事務局長

 「どういう(放送の)あり方が望ましいという議論は、本来、放送事業に関わる皆さんが考えること。彼らは(放送法4条は)『倫理規定だ』といっているのに、放送事業者からは、誰一人として具体的な倫理規定の守り方について聞いたことがない。すべての構造を、『政府の弾圧』と『言論の自由』に置き換えてしまっている」

「エンタメ」のランキング