産経ニュース

NHK「映像の世紀」、“番外編”が5月にスタート 全4回、初回テーマは「世界を変えた芸術家」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


NHK「映像の世紀」、“番外編”が5月にスタート 全4回、初回テーマは「世界を変えた芸術家」

制作中の「映像の世紀プレミアム」から。ヨーロッパツアーで歌うビートルズ 制作中の「映像の世紀プレミアム」から。ヨーロッパツアーで歌うビートルズ

 NHKのドキュメンタリー番組「映像の世紀」の“番外編”となる「映像の世紀プレミアム」が5月28日にBSプレミアムでスタートすることが30日、分かった。初回は午後7時半から同9時までで、全4回の放送を予定している。

 同作は、約20年前に放送された「映像の世紀」と、今月20日に完結した「新・映像の世紀」の映像を組み合わせた「合体版」。初回のテーマは「世界を変えた芸術家たち」で、ロシアの文豪・トルストイや、ナチスドイツへの対抗を続けたピカソ、チャプリンらが登場。さらに、ビートルズやデビッド・ボウイの「伝説のライブ」などの映像とともに「文化」の視点から20世紀を振り返る。

 第2回の内容は未定だが、今夏に「戦争」をテーマに放送する予定。語りは「映像の世紀」の山根基世アナウンサー、「新-」の山田孝之の両氏が務める。

このニュースの写真

  • NHK「映像の世紀」、“番外編”が5月にスタート 全4回、初回テーマは「世界を変えた芸術家」

「エンタメ」のランキング