産経ニュース

藤岡弘、が43年ぶりに「変身トォーッ!」 映画「仮面ライダー1号」に主演 初代世代へ「失望させてはいけない」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


藤岡弘、が43年ぶりに「変身トォーッ!」 映画「仮面ライダー1号」に主演 初代世代へ「失望させてはいけない」

「ネオサイクロン号」を駆って戦いの現場へ駆けつける本郷猛 「ネオサイクロン号」を駆って戦いの現場へ駆けつける本郷猛

 本郷猛が帰ってきた-。昭和46年放送開始の「仮面ライダー」で主役の本郷猛役を務めた藤岡弘、(70)が同作終了以来、43年ぶりに仮面ライダーで主演を果たす。26日全国公開の映画「仮面ライダー1号」。同一の役者が同じ役での主役を、これだけの期間を空けて演じるのは極めてまれで、藤岡は「私を追い続けてきた人を失望させてはいけない」と、プレッシャーを抱えながら挑んだ。(兼松康)

 「いやぁ、僕自身、ビックリしましてね」

 今回の単独主演の依頼を受けたのは昨年春。日本の特撮番組や映画では、「ウルトラマン」シリーズなどでもかつての主役が客演する例は多く、藤岡自身も2年前、映画「平成ライダー対昭和ライダー」でも本郷役を演じたが、今回は主演。「単独主演が可能なのか、一瞬、頭が真っ白になった」という。

 それでも原作の石ノ森章太郎氏、プロデューサーの平山亨氏、阿部征司氏、東映生田スタジオ所長の内田有作氏らをはじめ、多くの監督やスタッフ、スタントマンに至るまで、「既に鬼籍に入った恩師も多く、そうしたすべての人がパーッと頭に浮かんだ」。映画の中では、小林昭二氏(享年65)が演じた立花藤兵衛の写真を拾い上げるシーンもあり、先人への思いは深い。「仮面ライダーのシリーズが今もなお続いているということは、そんな皆さんの原点が今もいぶいているということ」との思いに突き動かされた。

このニュースの写真

  • 藤岡弘、が43年ぶりに「変身トォーッ!」 映画「仮面ライダー1号」に主演 初代世代へ「失望させてはいけない」
  • 藤岡弘、が43年ぶりに「変身トォーッ!」 映画「仮面ライダー1号」に主演 初代世代へ「失望させてはいけない」

「エンタメ」のランキング