産経ニュース

【総務相「電波停止」発言】民放連会長、電波停止の「非常事態は想像していない」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【総務相「電波停止」発言】
民放連会長、電波停止の「非常事態は想像していない」

 民放連の井上弘会長は17日の定例会見で、高市早苗総務相の「電波停止」発言が議論を呼んでいることについて、「放送事業者は放送法以前に、民放連や各社の放送基準から逸脱しないよう努力している。(電波停止という)非常事態に至ることは、私は想像していない」と述べた。

 井上会長は、番組編集に当たっての政治的公平や事実を曲げない報道を定めた放送法4条を「大原則」と強調。その上で、「放送法は放送事業者の自主・自律を旨とする法律。番組内容に関わる行政処分や行政指導については、今までも望ましくないという言い方をしてきた」と説明した。番組と放送局を「木と森」に例え、「『木を見て森を見ず』ではなく、放送の番組全体を見て判断してほしい」とも述べた。

 また、放送法をめぐる議論に関し、「視聴者がいるという議論が抜けている。視聴者に支持されなければ意味がなく、あまりに不公平な番組を作れば、視聴者は離れていく」と指摘。放送業界に「萎縮」が広がっているとする一部指摘については「そんな雰囲気はない」と否定した。

「エンタメ」のランキング