産経ニュース

南果歩、乳がん手術していた!“夫婦の絆”で2人とも早期発見

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


南果歩、乳がん手術していた!“夫婦の絆”で2人とも早期発見

初期の乳がんで手術していたことが分かった南果歩。夫、渡辺謙の胃がん発覚を機に人間ドックを受けたことが早期発見につながった 初期の乳がんで手術していたことが分かった南果歩。夫、渡辺謙の胃がん発覚を機に人間ドックを受けたことが早期発見につながった

 女優の南果歩(52)が初期の乳がんを患い、今月上旬に手術していたことが16日、分かった。夫で俳優、渡辺謙(56)が南の勧めで人間ドックを受けて早期の胃がんが発見されたことを機に、自身も受診したところ判明。複数の関係者の話を総合すると、術後の経過は良好で、現在は療養中という。互いに体を心配し合う“夫婦の絆”が、それぞれの早期発見につながった。(サンケイスポーツ)

 テレビ朝日系ドラマ「スペシャリスト」(木曜後9・0)で草なぎ剛(41)演じる主人公の相棒である“おばさん刑事”役を元気はつらつと好演する南が、初期の乳がんを患っていた。

 関係者の話を総合すると、判明したのは2月上旬。ちょうど南の“直感”で人間ドック受診を勧められた渡辺に早期の胃がんが見つかり、手術のため入院していた時期だ。

 夫の胃がん発覚で、受診の大切さを再認識した南は、自身も健康を確認しようと人間ドックを受けたところ、乳がんが見つかった。夫に続く“まさか!”に驚いた南だが、当時は「スペシャリスト」の収録中だったため、女優魂で撮影を敢行。今月上旬にクランクアップし、すぐに手術を受けたという。

 術後の経過は良好で、現在は4月から始まる主演舞台「パーマ屋スミレ」(5月17日~6月5日、東京・新国立劇場)の稽古に向けて、療養中だ。

「エンタメ」のランキング