産経ニュース

【花形出番です】琉球舞踊重踊流二世宗家・志田真木さん(1) 認知度上げるのが使命 

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【花形出番です】
琉球舞踊重踊流二世宗家・志田真木さん(1) 認知度上げるのが使命 

 昨年11月、東京で開いた「真木の会」の成果に対し、平成27年度文化庁芸術祭賞大賞(舞踊部門)を受賞することができました。

 2月に授賞式がありましたが、琉球芸能の大賞受賞は個人では初めてとのこと。戦後70年の節目の年に開いた公演でしたので、胸の詰まる思いがしました。沖縄は戦火をくぐった土地ですから、そんな時代も琉球舞踊を途絶えさせることなく、私たちまで受け継いでくださった先人たちを思うと、私個人がいただいた賞だという気がしません。

 公演当日は天皇、皇后両陛下のご臨席も賜りました。古典女踊に加え、皇太子時代の陛下が沖縄のハンセン病療養所や今帰仁(なきじん)を訪問された際の思いを琉歌に詠まれた「歌声の響」や「今帰仁の桜」に、母である初代宗家(志田房子)が振り付けた創作なども披露させていただきました。

 私は陛下が御製(ぎょせい)にお詠みになられたときの風景やお気持ちを思い、丁寧に踊りを深めることだけを考えました。後から「両陛下が体でリズムをとられるように身を乗り出してごらんになっていらっしゃった」と伺い、初めて安堵(あんど)しました。

「エンタメ」のランキング