産経ニュース

【GUNMAマンガ・アニメフェスタ】グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【GUNMAマンガ・アニメフェスタ】
グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!

コスプレで参加したMAROさん(右)とまろさん夫妻。ポーズを決めるのもお手の物 コスプレで参加したMAROさん(右)とまろさん夫妻。ポーズを決めるのもお手の物

 群馬県、同県教育文化事業団などが主催する第3回「GUNMAマンガ・アニメフェスタ」。イベント2日目の27日、前橋市の群馬県庁前広場にマンガやゲームのキャラクターを車体に大きく描き込んだ痛車(いたしゃ)16台がずらりと並び、ファンを楽しませている。(前橋支局 谷内誠)

 利根川沿いにそびえる県庁ビル。高さ133メートル、33階建で県下一の高さを誇る、群馬を象徴する場だ。そこに痛車やコスプレイベントが開かれているのである。

 広場前、県マスコット「ぐんまちゃん」の石像が見守る中、群馬や茨城など周辺県を中心に16台の痛車が集まり、この日は朝からにぎわいを見せた。

 美少女系ゲーム「ものべの」のキャラクターを描いた車を持ち込んだのは、群馬県高崎市の会社員、TOMOさん(31)。

 「5年ほど前、友人に連れられて痛車のイベントに行き、自分でも始めるようになりました。これが2台目、1年ほど乗っています。片道30分の通勤もこの車で、通勤を入れて1年に360日はこれに乗っています。見られるのはうれしいし、痛車のイベントでアニメの関係者とかと知り合え、友達の輪が広がったのがよかったこと。痛車に乗って悪かったことはないですね」

このニュースの写真

  • グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!
  • グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!
  • グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!
  • グンマの聖地、県庁前に痛車がズラリ!

「エンタメ」のランキング