産経ニュース

今年が正念場“独立騒動”の能年玲奈、6月に契約期限迎え…ライバル・有村架純に差をつけられた感も

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


今年が正念場“独立騒動”の能年玲奈、6月に契約期限迎え…ライバル・有村架純に差をつけられた感も

すっかり有村架純に水をあけられた能年玲奈だが… すっかり有村架純に水をあけられた能年玲奈だが…

 1年を通じてテレビや映画で活躍した俳優が選ばれるエランドール賞で女優の有村架純(22)が新人賞を受賞したことで、再びあの女優に注目が集まっている。女優、能年玲奈(22)だ。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主演ながら、すっかり有村に差をつけられた感も。今年6月には所属事務所との契約が切れるとあって、その去就が取り沙汰されているのだ。(夕刊フジ)

 2年前、同賞に輝き、授賞式で笑顔をはじけさせた能年。順風満帆に思えた前途は“独立騒動”で一転。能年は個人事務所を立ち上げ、心酔する演出トレーナーと独立を画策したと報じられる一方、所属事務所とのあつれきを指摘する報道も。昨年は開店休業に等しい状態で、1年を棒に振った形だ。

 「所属事務所としては、あくまで能年は自社のタレント。個人事務所も演出トレーナーのことも認めないし、話もしたくないというスタンスです」と芸能プロダクション関係者。

 レギュラーだったラジオ番組も終わった今、ファンにとって、能年に触れることができるのがブログだ。節分だ、紅茶店だと、連日写真満載で張り切って更新している。

このニュースの写真

  • 今年が正念場“独立騒動”の能年玲奈、6月に契約期限迎え…ライバル・有村架純に差をつけられた感も

「エンタメ」のランキング