産経ニュース

【TVチェック】声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【TVチェック】
声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

みらい(左)とリコ。不思議な力で伝説の魔法つかい・プリキュアに変身する(c)ABC・東映アニメーション みらい(左)とリコ。不思議な力で伝説の魔法つかい・プリキュアに変身する(c)ABC・東映アニメーション

 「『ラブひな』のヒロインをやらせていただいたことで、私の名前を知ってくださった方は多いと思います。『フルバ』は、今でも女の子から『見ていました』『今も大好きです』言ってもらえる作品ですね」

 現在、映画「傷物語〈I鉄血篇(へん)〉」が公開中の「物語シリーズ」も印象的だという。「独特な世界観だし、セリフの量が多いので印象に残ってます。アフレコを“登山”に例えると、高い山に大変な思いをして登り、登った後はすがすがしい気持ちになって忘れて、でもまた次のシリーズが始まると大変で…(笑)。(演じる)『羽川さん』は完璧なキャラクターなので、毎回難しいと思いながら演じています」

「探偵」役をやりたい

 演じる役柄は幅広く、さらに「とらドラ!」や「ペルソナ4」で元気な女子を演じる一方、「リトルバスターズ!」の男子役や、「物語シリーズ」のような二面性のあるキャラクターもこなす。

 演技上大切にしているのは、「(アニメやゲームの)絵を大事にすること」だという。「例えば、キャラクターが叫んでいる絵の場合、自分では、『ここでは叫ばないな…』と思ったとします。でも、叫ばないと思うのは自分自身ですよね。叫ぶのはキャラクターですから、絵がやっていることが一番正しいと思って演じています」

 「演じる際は、まず絵を見て、絵の動きや表情の動きを自分の体に入れます。そして、そういう表情、動作をする自分から出てくる声と台本を照らし合わせて、気持ちの流れを作るというのが私のやり方です」

このニュースの写真

  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」
  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」
  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

「エンタメ」のランキング