産経ニュース

【TVチェック】声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【TVチェック】
声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

みらい(左)とリコ。不思議な力で伝説の魔法つかい・プリキュアに変身する(c)ABC・東映アニメーション みらい(左)とリコ。不思議な力で伝説の魔法つかい・プリキュアに変身する(c)ABC・東映アニメーション

「普通」がコンプレックス

 リコは魔法学校に通うしっかり者の女の子だが、魔法が苦手というコンプレックスを抱える。「この物語は、誰もが抱える『コンプレックス』を克服する話でもあります。リコちゃんは強がったり落ち込んだりするけれど、そこがかわいらしい。普通の女の子として共感しやすいと思います」

 ここで話は、堀江自身の話に移る。透明感のある、美しい声質が特長の堀江だが、自分の声について「すごく普通」と考えているという。

 「声優さんは、声がおきれいな方や、普段からかわいい声の方が多いのですが、私の声は普通すぎて。リコちゃんじゃないですけれど、ちょっとそれがコンプレックスだったりもします」。堀江は次のように続ける。

 「人間誰しも苦手なものはあると思います。そういう意味で、リコちゃんもコンプレックスを抱えていますが、一生懸命向き合おうと努力するし、克服するために努力を重ねます。すごくすてきだな、と思いますし、同じ人として自分もそうありたいと、強く思います」

「ラブひな」と「フルバ」

 これまで数多くのアニメ作品に出演。ヒロインや主人公役は数えきれず、アニメファンが考える堀江の「代表作」は、それぞれ異なるのではないだろうか。

 本人に印象的な作品について尋ねたところ、東大を目指す男子が女子寮の管理人となるラブコメディー「ラブひな」(なる役)▽女子高生と、動物憑(つ)きの体質を持つ一族との交流を描いた「フルーツバスケット(フルバ)」(透役)-の2作品を挙げた。

このニュースの写真

  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」
  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」
  • 声優・堀江由衣(ほっちゃん)がプリキュア役をゲット! 「変身できる女の子をやりたかった」「あこがれは実は…」

「エンタメ」のランキング