産経ニュース

Juice=Juice つんく♂プロデュースの活動に大喜び

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


Juice=Juice つんく♂プロデュースの活動に大喜び

劇中のNEXT YOUを演じるJuice=Juice(フジテレビ提供) 劇中のNEXT YOUを演じるJuice=Juice(フジテレビ提供)

 6日からスタートするフジテレビ系土ドラ「武道館」(土曜後11・40)で主人公のアイドルユニット、NEXT YOUを演じるJuice=Juice。

 作品は、直木賞作家の朝井リョウさんが書いた同名小説で、声帯摘出手術を受けたつんく♂がこのアイドルをプロデュースすることでも注目されている。

 連ドラ初主演に胸を躍らせるリーダーの宮崎由加は「久しぶりにつんく♂さんプロデュースで活動できると知った時はメンバーみんなで大喜びした」とし、「まだまだ未熟な私たち。ドラマで多くのことを吸収して自分たちの力を精一杯発揮できるよう努力していきたい」と抱負を語る。

 つんく♂の新曲2つが主題歌「Next is you!」と挿入歌「大人の事情」に起用される。

 サブリーダーの金澤朋子は「“大人の事情”は女の子の複雑な心境を歌った曲。イントロや間奏で登場する無表情のマネキンポーズもすごく印象的に演出してくれている」とPRする。

 一方のつんく♂は「僕はこれまでも言っているように“アイドル”のために音楽を作ってきたつもりはない。しかし今回はつんく♂というアーティストがもしNEXT YOUというユニットがいたらどんな曲を作るんだろうって逆算しながら作った。変な話だが、自分で自分をイメージして作った」と明かす。

 《コンテストで選ばれ結成されたユニット。5人のメンバーと彼女たちを支えるファンの夢は、武道館のステージに立つこと。デビュー曲は、オリコン15位というランキングでパッとしない状態。2曲目は同3位を獲得した。そして3曲目・・・まだまだ武道館にはほど遠い》

 虚と実が入り交じった不思議な世界観。ドラマのNEXT YOUの成功とともに、Juice=Juiceも確実に階段をステップアップしていく。

 脇を固める俳優陣も個性派ぞろいだ。同局系のバラエティー「痛快TVスカッとジャパン」の“はい、論破!”で人気爆発中の俳優、木下ほうかが、NEXT YOUのチーフマネージャーで所属事務所の“馬場課長”ならぬ、野村課長役で登場。アイドル界の現実を知っており、アイドルビジネスをシビアに捉えている役どころで「私には珍しくイヤミが少ない役です(笑)」と初のアイドルマネジャー役を楽しんでいる。

 数々のトップアイドルを育て上げ、若くしてアイドル界の神様とも呼ばれているカリスマ音楽プロデューサー、夏目役には小出恵介。つんく♂を彷彿とさせるキャラクターである。

 そのほか、吉沢亮、高畑裕太、六角精児、第1話ゲストとして真野恵里菜も出演する。ドラマは、フジとスカパー!が初めて本格的にタッグを組んだ作品で、BSスカパー!は10日スタート、毎週水曜午後9時から放送される。

「エンタメ」のランキング