産経ニュース

デビュー30周年の酒井法子、チャイナマネーに活路 国内活動はうまく回らず…

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


デビュー30周年の酒井法子、チャイナマネーに活路 国内活動はうまく回らず…

中国で絶大な人気を誇る酒井法子

 今年、デビュー30周年を迎える酒井法子(44)が中国でコンサートツアーを計画しているという。もともと中国をはじめアジア圏で人気が高い酒井だが、いまや、彼女の収入を支えているのは“中国マネー”であることは隠しようがない。(夕刊フジ)

 ツアーは現在、北京、上海など5都市からオファーが寄せられているという。酒井はすでに90年代には中華圏に進出。中国語の楽曲を発表し、コンサートも成功させ、日本以上の人気と知名度を獲得した。

 「中国での知名度は想像を絶するほど大きい。2009年の覚醒剤事件は中国でも連日報じられ、『かわいそうだ』『こちらに来て』など擁護の声が続出。復帰後も、一昨年には中国最大ネットサイトの『アジア最注目女優大賞』を受賞するなど相変わらず人気です」と芸能関係者。

 そんな酒井も国内での活動はなかなかうまく回らない。「昨年1月にミニアルバムを出せば、1曲を手がけた作曲家が覚醒剤で逮捕。一昨年にはASKAが逮捕されたときにも、過去の事例として取り上げられ、復帰に水が差されてしまう」と前出の関係者。

 最近では、コカインで逮捕された高部あい(27)が処分保留で釈放された際、黒のニットワンピース姿が酒井の釈放時を参考にしたのではと指摘されるなど、事あるごとに名前が挙がる。

「エンタメ」のランキング