産経ニュース

【古舘氏降板】古賀茂明氏“放送事故”や「スポンサーやめます」…波紋広げた「報ステ」の1年 古舘氏側のギャラは年間数十億円?

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【古舘氏降板】
古賀茂明氏“放送事故”や「スポンサーやめます」…波紋広げた「報ステ」の1年 古舘氏側のギャラは年間数十億円?

古舘伊知郎氏

 古舘伊知郎氏の来年3月末での降板が決まったテレビ朝日系「報道ステーション」。古舘氏サイドへの報酬は「年間数十億円に上るのでは」(業界関係者)とも推測されるなか、番組をめぐっては今年、数々の波紋が広がっていた。

 2月には、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、川内原発(鹿児島県)をめぐる番組の報道について「客観性と正確性、公平性を欠いた放送倫理違反」とする意見書を公表した。番組は昨年9月の放送で、原子力規制委員会の記者会見を取り上げ、「竜巻」に関する質問を受けた田中俊一委員長の回答を、「火山」に関する発言として扱っていた。

 また、3月には、コメンテーターの元経済産業省官僚、古賀茂明氏が、自身の降板をめぐって古舘氏と激しく応酬した。古賀氏が「菅義偉官房長官をはじめ、官邸にバッシングを受けてきた」などと主張すると、古舘氏は「今の話は承服できない。『降ろされる』というのは違う」などと反論。その後、古賀氏が突然、「I am not ABE」と書いた紙を掲げ、「裏で圧力をかけるのはやめてもらいたい」などと訴える一幕もあった。

「エンタメ」のランキング