産経ニュース

日本放送文化大賞、山口放送「奥底の悲しみ~戦後70年、引揚げ者の記憶~」が受賞

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


日本放送文化大賞、山口放送「奥底の悲しみ~戦後70年、引揚げ者の記憶~」が受賞

山口放送「奥底の悲しみ」の一場面

 優れたテレビ・ラジオ番組を顕彰する第11回日本放送文化大賞(民放連主催)が発表され、テレビ部門グランプリ(報奨金1000万円)に、山口放送「奥底の悲しみ~戦後70年、引揚げ者の記憶~」が選ばれた。

 引き揚げ時、旧ソ連兵に性暴力を受けた女性被害者とその家族の悲しみを追ったドキュメンタリー番組。準グランプリ(同500万円)には、里親家族に密着した毎日放送「映像’15 家族づくり~子どもたちと里親の一年」が選ばれた。

 また、ラジオ部門のグランプリ(同300万円)はCROSS FM(北九州市)の「HAPPY HOUSE」、準グランプリ(同150万円)は朝日放送(大阪市)の「三木鶏郎に挑む!平成の仕事師たち」に決まった。

 今回はテレビ124番組、ラジオ69番組が参加。受賞作は原則として3カ月以内に全国放送される。

「エンタメ」のランキング