産経ニュース

【NHK「クロ現」問題】NHKの「やらせ」定義に疑問 政府の番組介入にも懸念

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【NHK「クロ現」問題】
NHKの「やらせ」定義に疑問 政府の番組介入にも懸念

NHK「クローズアップ現代」のやらせ問題について会見するBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会、川端和治委員長=6日午後、東京都千代田区(野村成次撮影)

 NHKは5月から、匿名インタビュー放送時に注意点を確認するチェックシートを導入。シートは8月末時点で43番組で活用され、「匿名インタビューを使わなくても番組内容は伝わる」として、匿名映像の使用を見送ったケースもあるという。

 板野裕爾放送総局長は「厳しい意見を重く受け止め、再発防止策を着実に実行していきたい」と強調。ただ、委員会が疑問視した「やらせ」の定義について、ガイドラインを見直すことは明言しなかった。

 BPOに対し、自民党議員からは「お手盛りではないか」などと実行力を疑問視する声も上がっている。川端委員長は「放送倫理違反がなくなっていないのは事実。だが、BPOの意見を放送局が尊重し、改善策がとられている」と理解を求め、NHKに再発防止策の徹底をうながした。

「エンタメ」のランキング