産経ニュース

華原朋美20周年 休止も糧に「小室さんの曲で成長」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


華原朋美20周年 休止も糧に「小室さんの曲で成長」

「歌える喜びを感じている」という歌手の華原朋美(竹中文撮影) 「歌える喜びを感じている」という歌手の華原朋美(竹中文撮影)

 今年、デビュー20周年の歌手、華原朋美(41)が輝きを増している。デビュー記念日の9月8日には東京都内で記念ライブを開催。そのライブの様子やミュージックビデオなどが4日午後7時半から、WOWOWライブ「華原朋美20周年記念!3時間半スペシャル」で放送される。華原は「記念ライブは20周年の集大成になりました」と、うれしそうに語った。

 華原は平成7年にメジャーデビュー。「I BELIEVE」「I’m proud」など次々とヒットを飛ばした。ところが、体調を崩して音楽活動を休止。父が暮らすフィリピンで休養し、ボランティア活動に携わった。「優しさや愛が感じられ、それがやり直せると思うようになるきっかけの一つになりました」

 24年、芸能界に戻ってきた。今年6月にベストアルバム2枚を発売。今冬には人気カバーアルバム「MEMORIES」シリーズの第3弾をリリースする予定だ。9月8日の記念ライブでも、シンガー・ソングライター、大黒摩季の「ら・ら・ら」のカバー曲を披露した。

 「『ら・ら・ら』はデビュー前によく歌いましたが、(キーが高くて)せき込んでいました。でも、(華原をプロデュースした)小室哲哉さんが作る曲はすべてキーが高かったので、レコーディング中に高い声が出るようになった。曲に成長させてもらえたと思っています」

 今は活動休止の経験さえも糧にする。「自分の今までの生き方を参考にすれば、失敗しても、やり直せると思えるはず」。挫折を知る歌姫は表現の幅を広げている。(竹中文)

「エンタメ」のランキング