産経ニュース

【話の肖像画】俳優・森次晃嗣(5)永遠にモロボシ・ダン

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
俳優・森次晃嗣(5)永遠にモロボシ・ダン

俳優・森次晃嗣(野村成次撮影)

 〈「ウルトラマンレオ」以降、モロボシ・ダンとして作品に登場する機会はしばらく途絶えた。だが平成6年3月、「ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦」でセブンの声で出演。同年10月の「ウルトラセブン 地球星人の大地」では26年ぶりにダン役を演じた〉

 3月の声だけの出演で、「なぜダンが登場しないんだ」という投書がファンから来たと聞いた。それで2本目は出演することになったんです。その後、シリーズはビデオで続きました。ファンの間では俗に「平成セブン」と呼ばれているようです。

 〈シリーズ屈指の作品といわれるだけあって、関連作品は多いが、そのほとんどでモロボシ・ダンを演じ続けている〉

 10年に「ダン」という本を出したときに、サイン会で「ずっと会いたかったんです」とか「初恋の人なんです」とファンに声を掛けられ、作品のすごさを改めて実感しました。その当時が放送から30年。さらに時を経てまさか50年近くたっても愛される作品になるなんて、撮影当時は全く思いもよらなかった。確かに今、「セブン」を見ても、古いと思えるのは車と電話だけ。現代の作品としても違和感なく見られるドラマで、それが50年近く前の作品だと思うと実に不思議だし、すごいことだと思う。

 〈経営する「ジョリー・シャポー」では、24年から「ファンミーティング」と名付けた交流会を始めた〉

「エンタメ」のランキング